体は疲れているのに眠れないとストレスから解放される

現在日本人の5人に1人が不眠症による悩みを抱えていると言われています。
生活習慣を改善することで不眠症は改善できると言われていますが、
そもそも今現在の自分の生活習慣の何を変えればいいのかわからない人もいるでしょう。

不眠症を改善するための最終手段として、薬を使用する人もいるでしょう。
もしくは寝酒をすると眠りやすくなるという話を聞いたことがるかもしれませんね。

しかし、寝酒や薬に頼って不眠症を改善することは返って逆効果になることもあるのです。
例えば寝酒に頼っている場合でいうなら、アルコールというのは飲んだ後に体温を低くするという
効果があるので急に眠くなることがあります。

しかし、アルコールは3時間もすればアルデヒトという有害物質に変わり覚醒状態へと導きます。

よく寝酒で寝つきは良くなるけれどすぐに目が覚めてしまうというのはこのことです。
また睡眠導入剤として知られているデパスには副作用として依存性や禁断症状などがあります。
夜眠れない 昼眠い

ずっとデパスなどの睡眠薬に頼っているとそれなしでは不安感や焦燥感、眠れないなど、
逆に不眠症の症状が進んでしまうことが考えられます。

できることならこういった方法に頼らずに自然と安眠したいものですね。
最近不眠症や、寝ている時間は十分なのになかなか疲れが取れないという問題の原因に
セロトニンが不足しているのではないか?という考えが有力になってきています。

このセロトニンというのは人の精神に大きな影響を与える神経伝達物質のことで、
このセロトニンが不足していると寝ている最中に目が覚めてしまうなど、休息の質が
低下してしまうのですが症状が深刻であればうつ病の原因ともなってしまう物質なのです。

あなたの不眠症の原因はもしかしたらセロトニン不足なのかもしれません。
質の高い睡眠を摂って、短時間の睡眠でもしっかりとした休息にするためにはこのセロトニンという物質が
必要不可欠なのですが、このセロトニンは体では生成されないので外部から摂取するしか方法がないのです。

不眠症を改善する方法として、このセロトニンを積極的に摂取することで、
睡眠の質を高める方法というのが今最も注目されている方法なのです。
もちろんこの方法であれば副作用や依存性と言った心配はないのです。

あなたがもし、今の睡眠や休息で満足していないのであれば、このセロトニンを摂取することで
これまで悩まされたきた休息や不眠症の問題を簡単に解決することができるかもしれません。